埋没法経験者が多い

医者

眼瞼下垂の治療も可能

二重整形手術を行ったという人の口コミを見てみると、埋没法の経験者が多いです。埋没法はプチ整形の走りと言える手術ですが、開発当初よりもクリニックごとに特色のある手術方法が編み出されています。埋没法は二重のラインを付けたいところに糸を埋没させるという原理で、片目の処置に5分から10分程度しかかからない、お手頃料金、ダウンタイムが短いといった理由で人気があります。しかしその一方で、3年から5年で糸が取れてしまうという問題は否定できません。そのため、口コミでは何度か埋没法を行っているという人もいました。また、埋没法を何度か繰り返した後、切開法に踏み切る人もいます。切開法は二重のラインを作る部分を切って縫う整形手術で、永久的効果が得られるのが特徴です。料金は埋没法より高いですが、何度も繰り返すようなら最初から切開法を行うほうが割安になることが多いです。それから、切開法は出血があるためダウンタイムが長く、何週間も腫れるのが一般的です。しかし、口コミでは驚くほど腫れず、周囲の人にも整形手術がばれなかったという人が一定数いました。患者の体質や条件などもあるでしょうが、ドクターの腕が良いと腫れにくいという話も聞くので、評判の良いクリニックを選べば切開法も敷居が高くないかもしれません。一重まぶたは目元がすっきりとシャープ、涼やかという評価もありますが、反対に性格がきつそうに見られることもあります。そこで二重まぶたになりたいと思う女性は多く、奥二重からはっきりした二重にしたい思う人も少なくありません。それから、片目が一重で片目が二重という人も一定数おり、口コミでは左右のバランスを正すために整形手術を行ったという経験者も見られます。人は気付かぬうちに他人の左右差を気にしており、バランスの取れている人を美男美女と感じると言います。少しでも美しくなりたいと考えるのは、本能的な反応と言えるかもしれません。しかし、口コミを見る限り、美容を最大の目的として二重整形を行う人ばかりではありませんでした。多いのは、眼瞼下垂の治療目的です。眼瞼下垂は上まぶたが垂れ下がってしまう症状で、原因の多くは腱膜性下垂です。加齢によるものが大半なものの、若くてもコンタクトレンズを長期装用している人や目を擦る機会の多い人などもなることがあります。これは眼科や形成外科などで保険治療が可能ですが、手術経験の豊富な美容外科が良いという人も少数ではないです。生まれ付き一重の人や眼瞼下垂の人は、手術後に目が開きやすくなり、過ごしやすくなることが期待できます。特に眼瞼下垂が治ると目の疲れが軽減され、肩こりが解消される可能性があります。

Copyright© 2019 二重整形で人気のクリニックは口コミでも評判【技術レベルが高い】 All Rights Reserved.