手術の特徴を知ろう

女性の目元

持続力は手術で違う

埋没法二重は糸を埋め込むだけの簡単な美容整形なので口コミで人気が高く、メイク感覚でしている学生も多いです。メス不要で20分もあれば終わるプチ整形で、ダウンタイムがないのも魅力です。ただ、埋没法二重に半永久的な効果があるかどうかは未知数です。口コミを見るとすぐに元に戻ってしまったという人もいれば、手術をして30年経つけどずっと二重のままという人もいます。埋没法二重は右目だけ再手術をする人が多いそうです。なぜなら右利きの人が多く、無意識のうちに右目をこすったりいじったりすることにより糸が切れたり緩んだりしてしまうからです。埋没法二重を長持ちさせるには、とにかくまぶたに負担をかけないようにすることに付きます。負担をかけなければ半永久的に効果を維持させることも可能です。まぶたをこするクセがある人は、そのクセを改善する必要があります。やっかいなのが、自分で意識してなくても、寝ている間に無意識にこすってしまうケースです。これが繰り返されると、右利きの右目だけ、左利きの人は左目だけ一重まぶたに戻ってしまうリスクが高まります。アイマスクをつけて寝ると、少しは無意識にまぶたをゴシゴシこするのを予防することができます。また、うつ伏せや横になって枕に顔を押し付けたりして寝るとまぶたが腫れて糸が緩くなる原因になりかねないので、仰向けになって寝る習慣をつけることが効果を維持させるために大事です。一生二重まぶたのまま過ごしたい、再手術は絶対したくないというなら、プチ整形ではなく普通の整形手術にあたる全切開または部分切開法をするのが無難です。全切開法や部分切開法は半永久的にぱっちりとした二重まぶたが自分のものになる美容整形手術です。切開という名称がついている通り、メスを使用してまぶたを数ミリから数センチほど切開します。切開法は本格的なまぶたの美容整形で、どんなまぶたでも理想的な二重に仕上げることができると口コミで評判です。腫れぼったいまぶたの場合は脂肪を摘出してからラインを形成していくので、目もとがスッキリしてたるみもなくなります。また、お人形さんか西洋人のように幅が広く溝が深いクッキリとした二重まぶたにもなれます。しかもプチ整形の埋没法二重とは違って切開してラインを作り、縫合する手術なので、まぶたをこすったり負担をかけたりしても一重に戻ることはなく、一生そのままです。部分切開法も全切開法と仕組みは同じで、切開する範囲が少ないのでなるべく傷痕を残したくない人に口コミで人気です。ただし、切開を伴う手術は例外なくダウンタイムがあり全切開法や部分切開法も同じです。腫れや痛みなどのダウンタイムのリスクは覚悟して、十分に休暇を取れるスケジュールを組んでから手術に臨むことが大切です。

Copyright© 2019 二重整形で人気のクリニックは口コミでも評判【技術レベルが高い】 All Rights Reserved.